弘前翻訳ミステリー読書会公式ブログ

弘前翻訳ミステリー読書会に関する情報をお知らせします

読書会(の前後)のレポート

先日21日、無事に第1回弘前翻訳ミステリー読書会を終えることができました。

参加された皆さまからご好評をいただき、また私自身が大いに楽しむことができまして、まずは満足すべき内容だったと思います。

これもひとえに、昨年9月にやおら宣言した「弘前で翻訳ミステリー読書会を始めたい!」という私の思いつきを暖かく迎えてくださり、また応援くださった翻訳ミステリー大賞シンジケート関係者の皆さま、ならびに全国の読書会関係者のおかげであります。

改めて、心から御礼申し上げます。

そしてこれからも継続的に弘前読書会を開催していき、地域のミステリーファンが気軽に交流できる場を作って行きたいと思います。

読書会そのものの詳細なレポートは、後日あらためて翻訳ミステリー大賞シンジケートのブログにアップさせていただきます

こちらでは読書会前後の出来事について、簡単にご報告を。

ゲストとしてお招きさせていただいた杉江松恋さんとは旧知の間柄でありまして、今回は約7,8年ぶりの再会となりました。

前日から青森県入りされ浅虫温泉に一泊されていたという杉江さんを21日11時にお迎えに上がり、弘前市まで移動。到着は12時半ごろ。

お昼は、このお店でいただきました。

f:id:hidmak:20160523142541j:plain

f:id:hidmak:20160523142522j:plain

森沢明夫さんの小説『津軽百年食堂』の舞台になった、弘前の大老舗の食堂「三忠食堂」です。同タイトルの映画でもロケが行われたお店です。

津軽百年食堂 (小学館文庫)

津軽百年食堂 (小学館文庫)

 
津軽百年食堂 [Blu-ray]

津軽百年食堂 [Blu-ray]

 

 出汁の取り方や蕎麦の打ち方からして独特な「津軽蕎麦」を杉江さんにご賞味いただいた後は、市内の古書店へ移動します。これが13時過ぎのこと。

f:id:hidmak:20160522233111j:plain

こちらで杉江さんは大きな収穫があったようで、ただでさえ重そうな荷物(読書会の資料用)にまた新たな重さが加わることに(笑)。

その後、14時過ぎから読書会会場そばの喫茶店で休憩中には仙台から駆けつけて頂いたYさんにも合流いただき、主に高木彬光の神津恭介シリーズの話で盛り上がりました。いずれ仙台読書会で神津恭介まつりが行われる予感が……!?

15時~17時の間は、読書会本番。こちらの内容はまた後日。

読書会終了後は、前のエントリーにも書いた通り、杉江さんはじめ参加者の皆さんを、弘前市が全国に誇るまちあるきガイド「弘前路地裏探偵団」の夕暮れ路地裏散歩にご招待いたしました。

f:id:hidmak:20160522233225j:plain

f:id:hidmak:20160522233233j:plain

f:id:hidmak:20160522233242j:plain

f:id:hidmak:20160522233253j:plain

通常の観光ガイドではなかなか見られない、コアな弘前のポイントを体験いただき、皆さまにも満足いただけたようです。

まちあるきガイドに続く懇親会の会場は、路地裏探偵団の御用達のお店・「津軽屋台村 かだれ横丁」です。

f:id:hidmak:20160523201016j:plain

f:id:hidmak:20160523201035j:plain

読書会・路地裏ツアーと打ち解けた雰囲気の流れで、懇親会も大いに盛り上がりました。

続く二次会は、読書会の参加者でもある県内唯一の読書バーのマスターのお店へ。

ふだんは置いていないミステリ小説のコーナーが、この日のために設置されておりました。

f:id:hidmak:20160520224553j:plain

f:id:hidmak:20160520224607j:plain

本を肴に二次会も大いに盛り上がり、第二回への希望がますます膨らみました。今回は市内や近郊からの参加者が5名いらっしゃいましたが、この方々との縁を大切にしつつ、大事に「弘前翻訳ミステリー読書会」を地域に定着させていきたいと思います。

というわけで、ひとまずはこの辺で。

関係者の皆さま、本当にありがとうございました!

「路地裏」を通じて

第1回弘前翻訳ミステリー読書会開催まで、いよいよあと1週間を切りました。

今回、特別ゲストとしてご参加いただく杉江松恋さんはミステリー書評家として高名な方ですが、その杉江さんが一昨年、こんなミステリガイド本を上梓されております。

路地裏の迷宮踏査 (キイ・ライブラリー)

路地裏の迷宮踏査 (キイ・ライブラリー)

 

本書のまえがきから、一部引用させていただきます(強調部は引用者)。

連載当時の私は、ミステリという街の路地裏が気になって仕方ない時期でした。通りのいい説、すなわち通説というやつにだけ耳を傾けているとどうしても目が向かなくなってしまう場所があります。一本裏の道に足を運んでみることによって初めて見えてくる景色があるのではないか。路地裏からの眺めが、街の性格を一変させてしまうかもしれない

誠にその通り、とまえがきおよびそれに続く本書の内容に深くうなずき、感心しつつ、同時にひとつ、思いついたことがありました。それは

「杉江さんに、弘前にいちど来てほしい」

というもの。

なぜなら我らが弘前市には、全国に誇る観光ボランティアガイド・「弘前路地裏探偵団」が存在するからです。

f:id:hidmak:20160515194640j:plain

彼らの活動コンセプトは、以下のように説明されています。

弘前の魅力は桜や城といった定番の観光スポットだけではなく、街中に伸びる路地裏にも隠されている」というコンセプトで活動する同団。弘前という街を「和洋の建物が混在する迷宮(ラビリンス)」と見立て、その起伏に富んだ街並みを市民の生活とともに掘り下げながら、県内外の観光客をガイドする。

弘前の街歩き番組「路地裏探偵団が行く」、一日限りの復活へ-「最古級」探す 弘前経済新聞より

「路地裏」(さらには「迷宮」)というキーワード、さらには「対象の魅力を新たな視点から掘り下げる」そのコンセプトが一致している点が、杉江さんを弘前にお招きしたいと考えた理由に他なりません。

とはいえ何の理由もなく「来てほしい」とお願いするわけにもいかず、さてどうしたものかと考えていたところ、こちらもやはりかねがね弘前での開催を考えていた「翻訳ミステリー読書会」と結び付ければ上手くいくのではないか、というのが、発想の原点でした。

さて、長くなりましたが読書会当日は、会終了から懇親会までの空き時間、杉江さんはじめ参加者の皆さまに、この路地裏探偵団による弘前市内のまち歩きツアー「夕暮れ路地裏ガイド」にご参加いただくことになっています。

f:id:hidmak:20160515194704j:plain

f:id:hidmak:20160515194713j:plain

もともとミステリファンの集まりですから「探偵団」という言葉に弱い人ばかりであったでしょう。皆さん、興味津々で参加のご表明をいただきました。

もちろん弘前路地裏探偵団の皆さんも、ツアーに参加するメンバーの詳細を聞いて張り切っていただいているようです。

 

というわけで、第1回弘前読書会はただの読書会には終わりませんよ、と宣言して、今日はこの辺で。次の更新は、読書会終了後のレポート記事になると思います!

さくらの次はりんごの花まつり!

今年は例年よりも早く弘前のさくらが開花したため、GW後半には弘前公園内の主だったさくらは散ってしまいました。

しかし弘前ではさくらの花が散ると、続けてりんごの花が満開を迎えるのです!

というわけで先日5月6日から、弘前りんご公園内を舞台に「りんご花まつり」が開催されています(15日まで)。

hirosaki.keizai.biz

>>

東京ドームよりやや広い約5万2000平方メートルの園内に約65種、1200本のリンゴの木を植栽している同園。リンゴは同じバラ科の桜と似た花を咲かすため、桜の花見と同じように楽しんでもらいたいと、同市の「りんご課」を中心とした同実行委員会が同イベントを企画した。リンゴ生産量日本一を誇る弘前ならではの花見を楽しむことができる。

<<

今日は朝から素晴らしい快晴に恵まれましたので、朝9時過ぎに会場へ行ってきました。

f:id:hidmak:20160508091144j:plain

f:id:hidmak:20160508091410j:plain

f:id:hidmak:20160508092051j:plain

f:id:hidmak:20160508092133j:plain

f:id:hidmak:20160508110453j:plain

f:id:hidmak:20160508102219j:plain

f:id:hidmak:20160508102430j:plain

f:id:hidmak:20160508110350j:plain

f:id:hidmak:20160508102304j:plain

素晴らしい晴天に恵まれて、お昼近くには大勢の人でにぎわい始めました。

私は午後に用事があったので、やむなく途中で撤収。

夕暮れがまた最高に美しいので、それを見たかったのですけど……残念。

ちなみに会場で食べたランチは、馬肉鍋と黒石焼きそば。

f:id:hidmak:20160508111337j:plain

本来ならここで一緒にビールと行きたいところですが、車で来ているためそういうわけにもいかず……。

かわりにこちらでは、搾りたてのりんごジュースがいただけます!

f:id:hidmak:20160508093643j:plain

ビールに見えますが、リンゴジュースです^^)

まるごと一個、皮付きのまま搾っているので色も味も香りも濃いのが特徴。

たぶん津軽以外では飲めないりんごジュースでしょう。

14日の夜に予定されている、16種類のシードルが飲み比べできるシードルナイトにまた参加する予定です。その時の様子も、またお伝えしたいと思います^^)

週末の弘前公園は満開の桜で、絶好の花見日和でした

先日23日・24日、週末の弘前公園では桜が満開を迎え、来場者数は2日間で65万人に達したということです!

hirosaki.keizai.biz

私も昨日24日、お昼前からお花見に繰り出しました。

f:id:hidmak:20160425170348j:plain

f:id:hidmak:20160425170401j:plain

f:id:hidmak:20160425170448j:plain

満開の桜の下で飲むビール! 本当に最高でした。弘前というまちに住んでいて本当に良かった、とこの時期に心の底から思います。

もっとも、そんな桜もそろそろ散り始めて来たものもあります。

f:id:hidmak:20160425170636j:plain

f:id:hidmak:20160425170649j:plain

f:id:hidmak:20160425170700j:plain

外濠には、散った桜の花びらが作りだす「花いかだ」が大きくなり始めています。

(花いかだについての詳細は、以下の記事をご覧ください)

hirosaki.keizai.biz

hirosaki.keizai.biz

いつか、満開の桜の時期に弘前で読書会を開けたらいいな、と願います。

 

弘前もいよいよ開花宣言!

昨日18日、弘前市公園緑地課から開花宣言が出されました。

以下、弘前さくらまつりのHPより引用です。

2016年4月18日付 弘前公園さくら情報(第8回)【弘前公園・弘前城】 | 弘前さくらまつり2016

弘前市公園緑地課より、弘前公園さくら情報が発表されました!
(2016年4月18日 11時現在)

『園内の標準木が開花しました。これは平年より5日早く、昨年より2日遅い開花となります。また、本丸の御滝桜、西濠(左岸)のソメイヨシノ、日本一太いソメイヨシノも本日開花しています。』
(弘前市都市環境部公園緑地課 発表)

 前日の17日には全国を襲った暴風が弘前も直撃し、園内外のさくらまつり用のぼんぼりが倒壊するなどの被害もありましたが、さくらは開花前だったのが幸いしたようです。園内の復旧作業は急ピッチで進められ、今日の段階ではかなり落ち着きを取り戻しているようです。

2016年4月19日付 弘前公園さくら情報(第9回)【弘前公園・弘前城】 | 弘前さくらまつり2016

ちなみに私は、今朝は久々の澄み切った青空が広がっていたので、市内の最勝院というお寺まで散歩に行ってきました。こちらの境内にある五重塔は江戸時代初期に建てられたもので、日本で最北の五重塔だと言われています。

こちらも徐々に、さくらの花がほこぼれ始めているようです。これからお花見ラッシュとなりますが、飲み過ぎないように気をつけねば……。

f:id:hidmak:20160419182238j:plain

f:id:hidmak:20160419182253j:plain

f:id:hidmak:20160419182304j:plain

f:id:hidmak:20160419182316j:plain

f:id:hidmak:20160419182336j:plain

 

第1回読書会について

翻訳ミステリー大賞シンジケートのブログで先日告知いただきましたが、

2016年5月21日(土)に第一回読書会を開催いたします。

d.hatena.ne.jp

正式告知からまだ1週間も経っておりませんが、予想より早く定員が埋まりそうなところまで来ています。

これもひとえに、twitterでRTいただいた他の地域の読書会の皆さまのおかげと思っております。誠にありがとうございます。今後とも読書会の運営にあたっていろいろアドバイスいただけると幸いです。

さて、今回の課題図書の選定にあたっては、昨年中に読書会設立に向けて私が協力をお願いしたリアル知人たちとの協議を進めていたのですが、実はこのメンバーのほとんどが「読書は好きだけどミステリはあまり読まない」という方たちでした。

というわけで最初は、できるだけ知名度の高い作家から入るべきだと思い、クリスティやクイーン、カーといった大御所の名前や、彼らの生み出した名作・傑作が候補に挙がりました。

しかし最終的に落ち着いたのは、やはりというべきなのでしょうか『シャーロック・ホームズの冒険』となったのです。

私自身、翻訳ミステリのファンを自認するよりも先にシャーロッキアンであったという経緯もありまして、こうなると実に感慨深いものがあります。

読書会に参加される皆様とともに、この本を通じて翻訳ミステリの豊饒なる沃野へ飛び込んでいけるような読書会になればいいな、と願っております。