弘前翻訳ミステリー読書会公式ブログ

弘前翻訳ミステリー読書会に関する情報をお知らせします

第5回はフランスのルメートルになりました

さて、第5回弘前翻訳ミステリー読書会ですが、フランスのルメートル3部会に決定しまた。そして東京から、文藝春秋の永島俊一郎さんをお呼びすることとなっております。

http://honyakumystery.jp/11620

とりあえず弘前市以外でも、青森市八戸市、他の地域でも参加してみようという人は、ぜひ。

また、東京都や関東、関西、他のところでも参加しようという方がいたら、やはりどうぞ。

とりあえず、以上です。

f:id:hidmak:20190630123318j:plain

 

今回はあずきさんに頼みました

とうとう第4回弘前翻訳ミステリー読書会のレポートが上がりました。今回は小豆さんにお願いしました。

http://honyakumystery.jp/11452

これで一応、第4回も無事終了かな。次はいよいよ第5回かな。まあそれも何とか6月中にやりますからね。ではでは、また。

f:id:hidmak:20190609083701j:plain

とりあえずおまったところです

とりあえず終わったかな。本当に藤原義也さんにはお世話になりました。

また弘前のみんなや、仙台、横原の人も誠にありがとうございました。

今回のレポートは弘前のあずきさんにお願いしようと思っています。

まあ、それまでもう少し待っていてください。

それにしても藤原さんや仙台、横浜の人々とは、0次会・読書会・懇親会まで全部参加して頂いて、本当に本当によかったと思っています。

ではでは、また。

f:id:hidmak:20190523135304j:plain

 

第4回弘前翻訳ミステリー読書会を開きます

今回は非常にめんどくさかったけど、それでもやります。

といっても東京から藤原義也さんをお招きして、7人でやるというのは既に決定時ていますが。

もしまた途中からでも参加した人がいたら、弘前読書会までどうぞ。

ではでは、次は当日になるはずです。

f:id:hidmak:20170507103347j:plain

 

越前敏弥さん講演会開催!

6月17日の第3回弘前読書会では、課題図書であるエラリー・クイーン『中途の家』の翻訳者、越前敏弥さんにゲストとしてご参加いただきます。

その翌日、18日の10時から弘前市立図書館視聴覚室をお借りして、越前さんの講演会を開催させていただくことになりました。

f:id:hidmak:20170527112153j:plain

翻訳業界の裏話や翻訳小説の楽しみ方を、第一線で活躍する越前さんから直接うかがえる貴重な機会です。

前日の読書会には残念ながらご参加いただけない、という方もぜひ、こちらの機会はお逃しないようにお願い致します。

なお、前日の読書会のお席もまだ余裕がありますので、この機会に合わせてお申し込み頂けるとたいへん光栄です^^)

d.hatena.ne.jp

弘前さくらまつり、今年も閉幕

2017年の弘前さくらまつりも、あっという間に終わってしまいました。

今年は250万人以上の人出があったそうですね。

今年も県外の方のガイドをする機会が多く、その時に撮った写真の一部をまとめておきます。

f:id:hidmak:20170424140641j:plain

写真をまとめておきます。

f:id:hidmak:20170424140641j:plain

f:id:hidmak:20170424142010j:plain

f:id:hidmak:20170424145858j:plain

f:id:hidmak:20170424150134j:plain

f:id:hidmak:20170424154537j:plain

f:id:hidmak:20170424193606j:plain

f:id:hidmak:20170424195709j:plain

f:id:hidmak:20170424201446j:plain

f:id:hidmak:20170428055138j:plain

f:id:hidmak:20170428055205j:plain

f:id:hidmak:20170428060048j:plain

f:id:hidmak:20170428065128j:plain

f:id:hidmak:20170428070929j:plain

f:id:hidmak:20170429200525j:plain

f:id:hidmak:20170429201555j:plain

f:id:hidmak:20170429205858j:plain

f:id:hidmak:20170430081940j:plain

f:id:hidmak:20170430083336j:plain

f:id:hidmak:20170430113132j:plain

f:id:hidmak:20170430144532j:plain